カリキュラム

本プログラムの特別カリキュラム

 MD研究者育成プログラムの履修を希望する方は、M0やM1のフリークオーターの期間などを通じて、今後自分が長期に所属を希望する研究室をいくつか実地で回り、所属希望研究室(前頁のリストにある講座より選択)を決定してください。
 MD研究者育成プログラムの履修者には、通常の医学部カリキュラムに加えて、M1からM4の期間に、以下に説明する履修生向けカリキュラムが用意されています。

A 所属する研究室での研究活動

プログラム履修届けおよび研究室配属

 M1の4月下旬に本プログラムの説明会を実施し、履修希望者は履修届けを提出して頂きます。そして、遅くともM1後期修了時までに、本郷地区の基礎医学講座を配属研究室として決定し、その後研究に取り組む体制を各自で確立します。現時点では履修者の選抜は実施しておりません。
 M2以上で履修を希望する場合は、スタッフまでご連絡ください。

研究室での研究実践

 フリークオーター期間、夏の長期休暇、正課時間外(平日の早朝や夕方、土日)等を利用し、配属研究室にて指導教員のアドバイスを受けながら実際の研究を進めます。あくまで講義・実習と並行して行うものであり、研究の手法や論理的思考能力を身に着けることを主眼とします。

論文作成

 論文の構成、表現方法など基礎的な訓練から指導を受けることによって論文作成能力が向上します。卒業時に修了論文を提出しますが、大きな結果が出ることよりも、研究の思考法が身についたかどうかを重点的な評価項目とします。

B. MD研究者育成プログラム室が主催する少人数ゼミや研究報告会

基礎医学ゼミ

開催日:木曜日18時頃から約1時間半
参加者:M1とM2のプログラム履修学生(2学年合同)および担当教員
ポイント:色々な分野について自ら論文を調査し発表、議論することで、講義で聞くだけよりも詳しくなれる、しかもディスカッション能力も付く、というのがこのゼミの特色です。そのためには、ほかの人の発表の時は、議論に積極的に参加するのがお勧めです。少人数によるゼミですので、講義や教科書や関連の文献を読んで、なんとなくわかったつもりになっていた事柄が、その分野の専門家を含めたディスカッションを生で聞き、インタラクティブな討論を通して、格段に理解が深まるという経験が得られると思います。憶せず質問をすることが、理解への最善の方法といえます。

ゼミの実施要領

Medical Research Communications

 外国人講師を招いて、英語で発表や質疑応答を行う練習をします。一班4-6名程度の少人数グループで積極的に発言することで、英語による科学コミュニケーションに習熟します。

■6 研究報告会

 年に1回程度、履修生による研究活動を発表する会を開いています。所属研究室や短期留学での研究進捗を発表していただきます。発表言語は英語を推奨しており、プレゼンテーションの準備では、Medical Research Communications 講師の先生からアドバイスを受けるなどの連携も始めました。

その他、履修生や卒業生による自主ゼミや交流会等

本プログラムは学生の自主的な企画を支援します。これまで、履修生あるいは卒業生が主体となり、様々なゼミや交流会が開催されました。2013年4月には、M4学生が中心となり、医学部に着任したばかりの4人の教授を一人ずつ招いての講義と交流会が開催されました。また7月には、本プログラム1期と2期生による卒後の研究や研修の報告会と交流会が開かれ、多くの現役履修生も参加しました。

C. 研究活動支援

■7 上級学年履修生による下級生のリード

 下級学年の基礎医学ゼミ、研究発表会では、チューターやマネージャーを務めてもらうことで、自分の知識の確認はもちろん、コーディネート能力も養ってください。今後の医学研究で必要性が増えていくと思われる、多分野連携をリードしていくには、コーディネート能力が欠かせませんが、医学部の通常カリキュラムでは、その能力を磨く機会がほとんどありません。
 この活動に対しては東京大学ジュニアTA(Teaching Assistant)として公的な支援を受けられます。

■8 学会発表、研究留学の経済的支援

 研究成果の学会発表(国内外)を積極的に推進、援助します。また海外を含む短期研究留学も推進します。これらにかかる費用に関しては、学生に余分な金銭的な負担がかからないように、文部科学省のプロジェクト型予算を活用して支援を行っています。学会や短期留学を経験した学生には、報告会で発表をお願いし、履修生間で体験を共有する事を目指します。

海外短期留学体験記

2011年の春、夏、冬に延べ12週間、University of Pennsylvania (UPenn) のJones Labに短期留学を行った。新たな脈管系転写因子の役割を主題とし、UPennにお邪魔するたびに継続して研究を行った結果、in vitro, in vivo 両面から意味のありそうな結果を出せた。同時に、日本で学んでいなかった手法、日本では学べない手法をいろいろ経験させていただいた。特に病院から送られてきた新鮮なヒトの肺から細胞をより分けたり、屠殺場から運んできたブタの肺から肺動脈を切り取って実験をしたりもさせていただいた。実験は総じてスケジュールがタイトなものであったが(特に帰国直前)、合間があれば興味のある分野のセミナーを聴講しに行き、短期でありながらも有効的に、有意義に過ごすことができたと思っている。これらの実験、現地の生活に関して、指導教員であるIhida先生には非常にお世話になった。Ihida先生が研究でコラボされていたUPenn内のHospitalのDoctorを紹介していただき、臨床の現場も見学することができた。また、ラボ内には、学業と研究を両立している学部生が数人おり、共同で実験をしたり、会話をしたりする中で、アメリカの同世代の学生たちがどのようなことを知っていて、どのようなことを考えているのか、非常に参考になった。これらのことすべてが今後の糧ともなりうるものであると思う。最後に、この機会を与えてくださったMD研究者育成プログラム室、大坪先生、宮園先生をはじめ分子病理学教室の皆様には深く感謝しております。 (M2 T.I)

2011年の夏休み、MD研究者育成プログラムの支援のもと、University of California, San Diego(UCSD)のTerunaga Nakagawa Labに6週間ほどお世話になった。小規模の研究室で、とても丁寧に指導していただいた。
実験にあたって必要な英語のレベルは高いものではなく、一週間もあれば慣れたが、学問的な議論や日常会話となると自らのスキル不足を実感することとなった。そして英語のスキルが未熟なものであったという事実と同時に、自らの思考や知識の浅さを痛感した。文化が異なり、共有する前提があまりない人と話すことで、自分はどういう人間なのか、どういう考えを持っているのか、どういう研究をしたいのか、それらをある程度言語化することが要求され、また言葉にしない範囲においても、自分と向き合い、考える機会を得た。
また、大学・研究機関というのは東大だけではなく、研究は世界中で行われているという至極当然のことを意識するようになった。これまで、東大の先生に教わり、東大の研究室に通い、東大の学生に囲まれていたせいか、研究内容・キャリア・施設・制度・思考パターン等について、(少なくとも私は)限られた考えしか持っていなかったように思えた。留学により、それらについての視野が広がったように思える。実際に行ったことで、海外が身近に感じられ、不必要な抵抗感が取り除かれたとも思う。 (M2 T.S)

■7 他大学との交流

 我が国の医学研究及び医学教育の牽引車となる人材を育成するため、基礎医学研究者育成プロジェクトが、東京大学、大阪大学、京都大学、名古屋大学で運営されています。また、関東圏の東京大学、群馬大学、千葉大学、山梨大学でも研究医養成コンソーシアムが運営されています。毎年これらの大学間で学生同士の研究交流会が行われており、基礎研究医を志す医学生のネットワークが形成されています。ここで培われる人脈は、研究分野を超えて将来きっと役立つことでしょう。


関東4大学リトリート 2013年(山梨) 参加者8名 詳細はこちら
2012年(群馬) 参加学生5名
2011年(千葉) 参加学生5名 詳細はこちら
2010年(神奈川)参加学生7名 詳細はこちら

全国4大学リトリート 2013年(大阪) 参加者9名 詳細はこちら 
2012年(京都) 参加学生23名
2011年(東京) 参加学生19名 詳細はこちら